鑑定書について知る

婚約指輪を選ぶ時には、価格以外にもいくつか注目しておきたいポイントがあり、そのひとつとして鑑定書付きかどうかというものがあります。この鑑定書とは婚約指輪のダイヤモンドについての鑑定書で、カラット数など一般的なダイヤモンドの値打ちを決定づける4Cと呼ばれる基準に沿って、どれだけ理想的なブリリアントカットに近いのかを示す指標となっています。当然ですが理想的な物に近い程値段は高くなりますので、特に高価なダイヤモンドを選ぶ場合にはこの鑑定書が付いているかどうかが非常に重要となってきます。

ダイヤモンドの価値を決める4Cとは、カラットカラークラリティカットの事を指しています。鑑定書ではこの4つの基準に沿って鑑定をしているため、この基準がどのように分かれているのかを知っておくと、より鑑定書の内容を信頼する事ができるようになるでしょう。カラットは聞いた事のある人も多いダイヤモンドの大きさを示すもので、数値が大きい程ダイヤモンドも重く大きなものとなります。カラーは色合いの事を指し、無色透明になるほど等級が高くなるなど4Cという基準について知っておくと、どのくらいの等級のダイヤモンドを購入するか考えやすくなるでしょう。

婚約指輪のダイヤモンドについては鑑定書付きであるかどうかに注目すると良いですが、鑑定書が付いているから無条件で良いという訳ではなく、その鑑定書の内容についてきちんと自分で判断できるようにする事も重要です。4Cについてきちんと等級による違いを知っておくと、選ぶ時にとても重宝します